【考察】過去問から北海道大学 獣医学部の受験対策を考えてみた

受験生の皆さんは、北海道大学の入試の方式や過去問の傾向について、知っていますか?

知らない人は、この記事を見てみてください。

今回は、北海道大学 獣医学部の入試対策について解説します。

入試の傾向が気になる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

獣医専門オンライン予備校ベレクトでは、現在オンライン体験授業を実施しております。
→ご興味ある方は、こちらをチェックご覧ください。

【おさらい】獣医学部の入学試験&必要科目

最初に、入試の種類と内容についておさらいしておきましょう。

北海道大学には、主に2つの入試試験があります。

・大学入学共通テスト

・二次試験(前期・後期)

そして、それぞれの試験の必要科目は以下の通りです。

大学入学共通テスト

・国語
・数学(数Iか数IAのどちらかを選択 また、数IIと数B・簿記・情報のどれか1科目を選択)
・理科(①は「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から、②は物・化・生・地学から、それぞれ1~2科目を選択)

・外国語(英・独・仏・中・韓から1科目選択)※英語はリスニングあり
・地歴は世B・日B・地理B、公民は倫理・政経のどれかの科目から1~2つを選択

詳細は大学入試センターの公式サイトを見てみてください。

二次試験(前期)

・数学(数I・数A・数II・数B・数III)
・外国語(コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II)
※フランス語とドイツ語も選択可能
・理科(「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から2つを選択)

二次試験(後期)

・理科(「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から2つを選択)
・面接

北海道大学 獣医学部の特徴と、入試内容もチェックしてみてください。

獣医学部の3年分の過去問からわかる入試の傾向

数学

2018年の入試は基礎的なベクトル、複素数平面や条件付き確率などが出題されました。

2019年度では、典型的なベクトルの問題や約数と倍数、関数や確率の問題などが出題されました。

2020年にも平面のベクトルの問題が出題されており、他にも確率、やや難しい数列と微分法などの問題が出ています。

・英語

2018年度は、長文読解や文章を書き替え空欄を補充する英作文、和訳や表現問題など、共通テストレベルのものが出題されました。

2019・2020年度でも長文読解や英作文が出題され、全体的に形式はあまり変わっていません。

しかし、2019年度では選択問題が増加したりするなど、仕様が微妙に変更される例もあります。

・化学

2018年度は、水の状態変化や熱化学、無機化合物と結晶格子、芳香族化合物の問題が出題されました。

2019年の入試では電子配置と熱化学の問題や、酸素やイオン結晶の問題が出ました。

2020年の入試では、熱化学の問題が出題されず、代わりに原子の構造や化学結合、芳香族アミドの問題が出題されました。

・物理

2018年度の物理はやや難しい単振動や、蒸発などの気体の状態変化、コンデンサー回路の問題などが出ました。

2019年度には、二体問題と少し難易度の高い平行平板コンデンサー、分子運動論の問題などが出ました。

2020年の入試では、ばねに繋がれた2つの物体の運動、荷電粒子の運動とベータトロンなどが出題されました。

・生物

2018年度の生物には、基礎的な免疫と酵素や血中濃度調節の問題、少しレベルの高い分子時計の問題が出題されました。

2019年では酵素反応と遺伝子組み換え、やや難しい被子植物の配偶子形成と生殖、進化の仕組みと系統分類の問題が出ました。

2020年度では、ゲノム分析と植物の組織培養、少し難しい神経誘導の問題や進化の問題が出ました。

参考パスナビ

調査結果:北海道大学 獣医学部を目指すなら、数学はベクトルと確率・英語は長文問題の対策が重要!

3年間の過去問を分析してみた結果、以下のことがわかりました。

数学はベクトルと確率・英語は基礎的な長文と英作文、和訳問題、化学と物理については、熱化学やコンデンサーに関する問題はもちろん、さまざまな分野の対策をする必要があります。

生物は基礎的なものから、少し難易度が高い問題まで対策が必要です。また、19・20年度には進化に関する問題が出題されています。

北海道大学獣医学部の入試対策を試験&教科別に解説

二次試験(前・後期)

数学

さまざまな問題が出題されていますので、問題集などの幅広いジャンルの問題を解き、対策をした方がいいでしょう。慣れてきたら、分野が組み合わさった問題にも挑戦してみてください。

英語

難易度は共通テストと同レベルと考えられます。ですので、文法問題や他の大学の長文問題を解いた方がいいと思われます。

また、本番に対応できる力を身に付けるために、時間を測って問題を解くこともオススメです。

以下からは、理科のそれぞれの科目の傾向と対策について紹介します。

理科

・化学

対策として、難易度の高い過去問や問題集を演習することと、教科書を読み込むことが挙げられます。

2020年度では18年度と19年度が出ていませんので、本番で出るとは限りません。熱化学以外にも問題の範囲を広げてみることをオススメします。

物理

物理の試験では、さまざまな分野から出題されるので、広い範囲の典型的な問題を解いた方がいいと考えられます。

さらに、導出の過程や論述問題も、条件や状況を整理し問題に取り組んでください。

参考:オンライン東大家庭教師友の会Blog

生物

まず最初に自習として、教科書レベルの問題をこなし、その後によく出る傾向の問題や解法をマスターしてください。

仕上げとして、大学入試と同じレべルの問題や過去問を演習しましょう。

参考:ストマガ

まとめ

今回は、北海道大学 獣医学部の個別学力試験の傾向と対策について解説しました。

獣医学部の合格は大変ですが、獣医師はとてもやりがいのある、有意義な仕事です。一緒に頑張りましょう!

最後まで見ていただき、ありがとうございました!

初回限定!

体験授業を無料で実施中

現在、べレクトではオンライン体験授業を無料で実施しております。

体験授業では、学生保護者様のお悩みにも現役獣医学生である当塾メンターがお答えします!

  • 獣医学部を目指しているけど、何をしたら良いのかわからない・・・
  • 周りに相談できる人がいない・・・
  • お子さんの力になりたい・・・

などなど

体験授業も顔出しなしでも受けることができます!

お気軽に受講してみてください→早速体験授業に申し込む

公式LINEでは受験相談だけもOK!

「体験授業を受けるのはちょっと・・・」

という方は、べレクト公式LINEでも質問やお悩み相談にお答えしております!

ぜひこちらもご活用ください→早速、LINEで相談してみる

※学生だけではなく、保護者様もご相談可能です。お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

ベレクト運営事務局