予備校の料金はいくら?獣医学部専門コースのある4校を徹底比較!

「獣医学部に合格するのに予備校に入る必要はあるの?」「もし通うとしたら、料金はいくらくらいかかるのかな?」と疑問に思っている受験生や親御様はいませんか?

合格を目指すにあたって、予備校に通うか否かや通う場合のお金に関する問題は非常に大きく、決めるのに慎重になってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、「獣医学科を目指すには予備校に通った方がいいのか」「数ある獣医学部専門予備校の料金はいくらくらいなのか」の2点について、詳しく解説をしていきたいと思います。獣医学部受験のために予備校に通うか迷っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

獣医学部を目指すならやっぱり予備校へ!2つの理由

予備校

結論から言うと、獣医学部を目指すためにはやはり予備校に通った方が合格率が高いと考えられます。
もちろん「天才肌なタイプで予備校に通う必要がない」という人も一定数存在しますが、基本的には受験のために努力の必要な人がほとんどですよね。

そこでここからは、予備校に通った方がそういった人たちの合格率を上げられる理由について、詳しく見ていきましょう。

1.獣医学部は受験形式が特殊

まず、獣医学部は受験の形式が他の理科学部に比べて非常に特殊です。
これは特に国公立大学の獣医学部の場合に顕著で、他の理系学部とは以下のような相違点があります。

  • 数3を入試に使用しない大学が多い
  • 共通テストの割合が非常に高い
  • 大学数が少ないため、倍率が高い場合が多い

このような点を踏まえると、学校や一般の塾のような画一的な授業では対応しきれない部分が生じてきます。
特に数3については注意が必要で、「学校や塾での数3の授業が完全に無駄になってしまう」という事態も起こり得ます。

個人で対応することももちろん可能ですが、高校生のうちから周りと違う勉強法を自ら考え、かつ実践するというのはなかなかハードルが高いですよね。

対して獣医学部専門の個別指導の場合、現役獣医学生である講師が的確な勉強スケジュールを作成するということが可能です。
自分で全て管理することに不安がある受験生には、心強い味方です!

2.大学数が少ないため、特化すると高得点が狙える

先述のように、獣医大学は他の理系学部と比べて非常に大学数が少ないです。また、各大学の入試の配点なども非常に似通っており、全体的に共通テストの点を重視しています。このため、「標準レベルの問題を満遍なく解く」という能力が非常に求められていることが伺え、そこを極めると高得点が狙えます。

一般に、理系学部は2次試験での応用力や思考力が問われる場合が多いです。そのため学校や塾でも2次試験対策の授業が集中して行われ、共通テスト対策は本番1、2ヶ月前にまとめて行うという場合がほとんどです。ところが、このスタイルだと共通テスト重視の獣医学部にはあまり合っていませんよね。

獣医学部に特化した予備校であれば、こういった部分に柔軟に対応することができるため、安心して受験に臨むことができますよ。

獣医学部専門コースが存在する予備校

ここまで、獣医学部を受験するのに予備校が適している理由についてお話ししてきましたが、「それならどんな予備校が獣医学部受験に特化しているの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

獣医学部専門の予備校や専門コースを解説している予備校には、以下のようなものがあります。

・べレクト
・北九州予備校
・獣医専門予備校VET
・獣医学部進学セミナー

そこでここからは、これらの獣医学部専門予備校を詳しく解説していきたいと思います。ご自分に合ったものがあるか、確認しながら見てみてくださいね。

1.ベレクト

1つ目に紹介するのは、この記事が掲載されているオンライン個別指導塾「ベレクト」す。
講師陣が全員現役の獣医学生で構成されており、オンラインでいつでもどこでも獣医学部に特化した授業を受けることが可能です。

勉強以外にも、大学で勉強している内容や学生生活など獣医学生ならではのリアルな話を直接聞くことができますよ。

体験授業や受験相談も行っていますので、気になった人は下記リンクからどうぞ!

2.北九州予備校

2つ目に紹介する予備校は、「北九州予備校」です。九州で1番の生徒数を誇り、各県に校舎が開校されています。
医歯薬獣医専門コースが開設されており、獣医学部の特殊な受験形態にも柔軟に対応することが可能です。

また、小倉校と山口校には医歯薬獣医に特化したFelixコースが開設。
より獣医学部に精通した講師陣により、徹底した受験対策を行うことが可能です。

3.獣医専門予備校VET

獣医専門予備校VETは大阪府昭和町にある獣医専門予備校で、獣医学部合格者数は全国でNo.1です。
現役生と既卒生でコースが分かれており、進度の違いに柔軟に対応することが可能です。

授業動画を自宅で視聴し予備校では問題演習を行う「反転授業」が特徴で、問題を「解ける」ようになるためのサポートに非常に力を入れています。

4.獣医学部進学セミナー

獣医学部進学セミナーは大阪府にある獣医学部専門予備校で、獣医学部の受験に特化した指導が特徴です。

「科目によって授業回数が違う」「夏期講習などの講習がない」など、こだわりある指導を行っています。

獣医学部の過去の入試問題のみで構成されたテキストを使用するなど、獣医学部の問題の徹底分析も全面に押し出しています。

それぞれの予備校の料金

料金

ここまで様々な獣医学部専門予備校を紹介してきましたが、やはり気になるのが予備校に通う料金がいくらくらいなのかということですよね。

そこでここからは、これまで紹介した予備校の料金について、詳しく紹介をしていきたいと思います。
皆さんの予備校選びに、ぜひ役立ててくださいね。

ベレクト

ベレクトの利用月謝は、授業の回数やプランによって変動しますがおよそ6−7万円となっています。
オンライン指導に統一することで固定費を抑え、他の予備校と比較して大幅に抑えた額となっています。

ベレクトには全部で6種のプランがあり、生徒様によって授業回数や指導項目が大幅に変化します。「詳しく知りたい!」という方は、体験授業でご質問ください。

北九州予備校

北九州予備校の料金は以下のようになっています。

月額年額
高校生約15,000〜34,000円約180,000〜408,000円
既卒生約43,000円〜約516,000〜

北九州予備校(特に既卒生)の料金は、取っている講座の数利用するコース寮を利用するかなどによって大きく変動します。
また、前年度の受験の結果などによる割引も存在しているため、一度直接聞いてみるのがおすすめですよ。

また、Felixに関しては大きくシステムが異なっており、HP上での料金の案内もされていません。
Felixの料金が気になる人は、ぜひ直接確認をしてみてくださいね。

獣医専門予備校VET

獣医専門予備校VETは学力に応じて授業数や授業時間が異なっており、それに応じて料金も大きく変化します。
それらをまとめると、以下のようになります。

【高卒生】

高卒生向けコースは学力によって授業がスタートする月が異なっています。

入学金施設維持費・教材費授業形態年間授業料合計額
2月スタート100,000円250,000円集団授業2,148,000円2,498,000円
3月スタート100,000円250,000円集団授業1,892,000円2,242,000円
4月スタート100,000円250,000円集団授業1,636,000円1,986,000円

【現役生】

現役生コースは、各生徒によって入学時期が大きく異なるため月謝制になっています。
また、推薦入試対策講座やマンツーマン個別指導も存在しており、それぞれの料金は以下のようになっています。

<基本コース>

入学金指導形態月あたりの授業料
1科目受講の場合100,000円集団授業64,000円
2科目受講の場合100,000円集団授業128,000円

<推薦入試対策講座>

入学金指導形態授業料
100,000円集団授業365,000円

<マンツーマン個別指導>

入学金指導形態料金
100,000円個別指導1回3時間 30,000円

獣医学部進学セミナー

獣医学部進学セミナーの受講料金は、現役生と高卒生とで分かれています。
また、別途で入会金22,000円(税込)が入会月のみ必要となります。

【現役生】

現役生の受講料金には指導に加えてテストや質問受けの料金も含まれています。

料金(税込)
週1コース74,800円
週2コース149,600円

【高卒生】

高卒生の場合は、4月から1月までの10ヶ月分の授業料を月謝制で支払うことになっています。
3つのコースに分かれており、どのコースの料金にもテキスト代や歩行の料金が含まれています。

料金
在宅オンライン受講224,400円
他予備校併用受講1科目 74,800円2科目 149,600円
通塾オンライン受講324,225円

自分に合った予備校を選び、獣医学部受験を制そう!

今回の記事では、獣医学部を目指す人向けに獣医学部専門予備校について詳しく紹介しました。
予備校ごとに特徴や料金が異なっているため、きちんと理解し選択することが大切です。

また、体験授業や無料での相談を受け付けている予備校もあるため、そういったものも利用し参考にしつつ、自分に合った予備校を選んでくださいね。

この記事を書いた人

ベレクト運営事務局