【岩手大学 獣医学部】入学試験の過去問を現役の岩手大学獣医学生が徹底的に分析!

皆さんこんにちは!オンライン個別塾のベレクトです。

皆さんの中には岩手大学に合格するためにはどのような勉強をしたらいいんだろう?」「共通テストや2次試験でどれくらいの点数を取れたら、岩手大学を狙っても大丈夫なのかな?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

東北地方で唯一の国立獣医大学である岩手大学、しっかりと対策をし確実に合格したいですよね。

今回の記事では宮崎大学獣医学生の坂口先生と、岩手大生の市村先生が岩手大学の過去問を徹底的に分析し、岩手大学の入試の傾向やそれに対する具体的な対策方法について解説をしていきます。

皆さんが受験勉強を行っていくうえでとても参考になると思いますので、ぜひ参考にしてくださいね。

坂口先生
(浪人・宮崎大学)
他社の予備校や塾で5年間指導を行った経験があります。 雑談も交えながら、楽しく勉強していきましょう!
市村先生
(現役・岩手大学)
部活を引退までしっかり続けつつ隙間を縫って勉強していた経験を活かして時間の探し方、作り方を伝えられたらと思います。 塾講師、家庭教師の経験も活かせたらと思います。よろしくお願いします。

【おさらい】岩手大学の入学試験&必要科目

岩手大学の受験について解説をする前に、岩手大学では受験形式はどのようになっているのか、岩手大学の受験にはどのような科目が必要なのかについて整理をしておきましょう。

岩手大学の試験は以下の3つに分けられます。

  • 一般選抜 前期
  • 一般選抜 後期
  • 学校推薦型選抜Ⅱ

ここからはこれらのうち一般選抜について、詳細や必要な科目について解説をしていきます。

一般入試(前期)

岩手大学の一般前期試験は、共通テストと2次試験の点数の合計で合格を競い、必要な科目は以下のようになっています。

<共通テスト>

  • 国語
  • 数学1A2B
  • 理科(物理・化学・生物・地学から2科目)
  • 外国語
  • 社会(世界史AorB・日本史AorB・地理AorB・倫政・現代社会から1科目)

<2次試験>

  • 数学(数学I,数学II,数学A,数学B)
  • 理科(物理基礎・物理/化学基礎・化学/生物基礎・生物から1)

共通テスト点数などに傾斜配点はなく、共通テスト900点 2次試験400点調査書20点の合計1320点で合計点を競います。

一般入試(後期)

岩手大学の一般後期試験も、前期試験と同様に共通テストと2次試験の点数の合計点で競い、科目は以下のようになっています。

<共通テスト>

  • 国語
  • 数学1A2B
  • 理科(物理・化学・生物から2科目)
  • 外国語
  • 社会(世界史B・日本史B・地理B・倫政から1科目)

<2次試験>

  • 小論文

後期試験の内容が小論文しかないというのは非常に特徴的ですね。

また後期の場合も共通テストの点数に傾斜配点はなく、共通テスト900点 2次試験200点の合計1100点で受験を闘うことになります。

3年分の過去問や合格点分析からわかる入試の傾向

ベレクトは2019年度から2021年度までの岩手大学一般選抜の過去問題を分析し、問題の傾向や合格のために適切な勉強法を検討しました。

ここからは、分析によって得られた結果についてより詳しく解説をしていきます。

岩手大学共同獣医学科への入学を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

調査結果:岩手大学 共同獣医学科を目指すなら標準レベルをマスターし、ある程度の発展問題まで解けるようになっておくことが必要!

岩手大学共同獣医学科の一般選抜問題を分析した結果、以下のようなことが明らかになりました。

  • 各科目のレベルは標準〜やや難レベル 知識を正しく応用しなければ解けない問題が比較的多い
  • 数学ではやや理解のしにくい問題が多い
  • 理科では「〜を説明せよ」という問題が頻出

岩手大学共同獣医学科の一般選抜の問題は、あまり高度な知識は必要とせず、難しい公式や単語を知っていないと解けないという問題はあまりありません。

しかし、知識があることを前提とした発展的な問題の占める割合が比較的高いです。

教科書レベルのことはマスターした上で、問題で設定された条件に合う知識をうまく組み合わせていく応用力が問われます。

合格にはどれくらいの得点が必要?

ここまでで、全体的な岩手大学入試の傾向は説明してきました。

しかし、やはり気になるのは「どれくらい得点できたら合格できるの?」というところですよね。

ではここから、岩手大学の合格点について見てみましょう。

共通テスト+二次試験の合格最低点

実は、岩手大学では共通テストと二次試験のそれぞれにおける合格最低点は発表されていません。

共通テストと二次試験の点数を合算した点数のみで合格点が発表されています。

2021年度の一般選抜前期試験における合格最低点は1156点、最低点は1021点、平均点は1079点です

配点が1320点ですので、最低でも全体で8割近い得点が必要となっています。

後期試験の合格点は発表されていませんが、倍率は前期に比べて高くなりますので、同様かそれ以上の高得点が必要となることは想像に難くないでしょう。

岩手大学共同獣医学科の入試対策を試験&教科別に解説

ここまで、岩手大学共同獣医学科一般選抜の全体的な傾向についてお話をしてきました。

ここからは、岩手大学共同獣医学科の一般選抜について、教科ごとに傾向や対策を解説していきます。

しっかりと読んで、皆さんの受験勉強の方針を定めるのに役立ててくださいね。

数学

はじめに解説する科目は、数学です。

岩手大学の数学の問題は基本的に大門5つで構成されており、数学ⅠA2Bから満遍なく出題されています。

最近の傾向としては数列や確率の問題が決まって出題されており、そこに注力して対策しておくと点数が取りやすいかもしれません。

他の大門では、二次関数やベクトルを含む図形、整数などの出題が比較的多いです。

問題のレベルはやや高めで、複雑な式をきちんと理解しなければ解けないような問題が多いです。

共通テストよりは確実に難しめな問題で構成されているため、基礎〜標準レベルの問題を適切に応用する練習を日頃からしておきましょう。

「数学をしっかり勉強しようと思うと時間がかかって思うように勉強できない…」「結構頑張って勉強しているのに点数が伸びない…」という人はこちらの記事も併せて読んでみてください。

きっと参考になると思いますよ。

また、数学が不要な獣医学科についてまとめた記事もございます。よろしければこちらも御覧ください。

理科

先述のように、岩手大学共同獣医学科の理科は物理・物理基礎、生物・生物基礎、化学・化学基礎の中から 1つを選んで受験します。

ここからは、理科科目それぞれの傾向と対策について見ていきましょう。

化学

岩手大学共同獣医学科の化学の問題は、理論化学、無機化学、有機化学の問題が各大門ごとに分かれて出題されます。

大門の前半で基礎的な事項の理解を穴埋めで問い、大門の後半で発展的問題や記述問題が出題されるというのが基本的な出題形式となっています。

特に「〜を説明せよ」という問題が頻繁に出題されるため、各事象の背景をきちんと理解しておくことが大切です。

各大門ごとの問題数もやや多いため、素早く正確に解答する練習もしっかりとしておくようにしてください。

物理

岩手大学共同獣医学科の物理は、化学と同じように基本的に大門5つで出題されます。

毎年幅広い分野から出題され、満遍なく知識を問うような問題の作りになっています。

各大門、化学と同様に前半に穴埋めで知識を問い後半で記述問題や思考問題という構成になっており、事象の背景への深い理解が必要です。

解答の形式は単純な計算から作図、論述など多岐にわたるため、どんな形式でも解答できるようにしっかりと練習をしておいてください。

生物

岩手大学共同獣医学科の生物は基礎〜標準レベルの暗記した知識だけでは合格できない可能性が高いです。

様々な分野から満遍なく出題される上、化学や物理と同じように前半で多数の知識問題、後半で計算問題や論述問題が出題される形式となっています。

生物の場合ですと論述問題が他の科目に比べて厄介で、計算で求められるような問題とは別に「知っていなければ正答の難しい問題」が多めに出題されます。

正しく知識を構築し、少し発展的な知識まで視野を広げておけば合格がグッと近づいて来るでしょう。

実際の岩手大学共同獣医学科生のベレクト講師に聞いてみた!

当塾、ベレクトでは現役獣医学生による個別指導を行っております。講師全員が現役の獣医学生で構成されており、オンライン双方向型の指導を行っております。

今回はベレクトメンターで現役岩手大学共同獣医学科生の〇〇先生に岩手大受験ノウハウについて質問してみました!

坂口

先生、今日は宜しくお願いいたします。

大学入試で最も力を入れた科目はなんでしょうか?また、それはどの教材をどのように使って対策しましたか?

市村

化学ですね。

学校の定期テストで指定される化学セミナーの範囲に関して、毎回化学の重要問題集で自分から発展的な問題に触れていました。 (いわゆる縦割り学習法

化学に関してだけでないですが先生から授業を受けたばかりの頃が一番理解に近い時期なので無駄にしないよう復習に重きを置くようにしていました。

坂口

ありがとうございます!これは低学年の子には特に意識してほしいですね。

受験期に大事にしようと思っていたことはなんですか?

市村

同様に、学校の授業の復習ですね。物理等苦手だった科目は予習も加えていました。

とにかくどの時間も無駄にせず一回の授業で吸収することを目的としましたね。

坂口

先生は、合格年度は共通試験と二次試験、それぞれ何割ほどの得点でしたか?

市村

共通は8割と少しくらいで、 個別試験はほぼ満点でした。

坂口

個別ほぼ満点!すごいですね。

最後に同じ大学を目指す受験生に一言お願いします。

市村

基本的な問題を着実に抑えるようにしましょう。国立大学の中では個別試験は簡単です。

学校の授業でも対応できるものも多いので日頃の授業を大切にしてください

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では、岩手大学共同獣医学科の入試問題の傾向や対策法について説明をしました。

合計して8割近い得点率が求められ、共通テストと二次試験の両方で高得点をとる必要があります。

出題される問題には難問はあまりありませんが、基本的な知識を整理した上で必要な情報を取捨選択することが必要となる応用問題が多めに出題されます。

問題集を何周かして標準レベルの知識を身につけたのち、過去問や模試で応用の練習をしっかりとしておきましょう

「この勉強法で合っているかな…?」「岩手大学についてもっと詳しく知りたい!」という人向けに、ベレクトでは公式ラインから無料受験相談や個別面談を行なっています。

また、公式LINEでは現役岩手大生に受験相談をすることができますので、是非ご覧下さい。

毎月10名限定!

無料の個別面談

  • 獣医学部を目指しているけど、何をしたら良いのかわからない・・・
  • 周りに相談できる人がいない・・・
  • お子さんの力になりたい・・・

現在、べレクトではオンライン個別面談を無料で実施しております。

なんと!!
あなたが第一志望に合格するためのスケジュールを現役の獣医学生と一緒に作れます!!

僕らと一緒に、なりたい自分に一歩近づきませんか?

お気軽に受講してみてください→早速個別面談に申し込む

  • 個別面談は保護者様(もしくはご決済者様)のご同席が必要です。
  • スケジューリングは入塾をご検討頂いている方限定です。
公式LINEでは受験相談だけもOK!

「個別面談を受けるのはちょっと・・・」という方へ

現在、公式LINEにて「獣医受験攻略ガイド」をプレゼントしております!

その他ご相談も公式LINEで常時受け付けております