2024年度 酪農学園大学獣医学部の特徴と入試内容

本記事を最後まで読めば分かること
  • カリキュラム
  • 募集要項
  • 合格最低点

本記事は酪農学園大講師陣の意見も含め、解説させて頂いています。

酪農学園大学獣医学類とは

まず、酪農学園大学の簡単な紹介です。

当大学は、北海道江別市に学舎を構えており、JR札幌駅から30分程で大学に着くので、アクセスは良いです。

※参考元:酪農学園大学アクセス(酪農学園大学)

昭和39年に産業動物医療に従事する臨床獣医師の養成を目的に設置されて以来、

酪農家を支援する実践的な獣医師の育成を行ってきた歴史のある大学です。

酪農学園大学は特に、牛・馬が関係する分野が強いのが特徴です。

そんな酪農学園大学の入試難易度ですが、私立獣医大学の中では易しいです。

難易度が他と比べて低いからといって、教育カリキュラムが他より劣っていることはありません。

それでは、これより教育カリキュラム・就職実績に触れた後、入試内容について解説していきます。

私立獣医学部の志望校選びについての動画

酪農学園大学獣医学類の
カリキュラムと就職先

教育カリキュラム

酪農学園大学獣医学類では、主に以下のような到達目標が設定されています。

  • 人と動物の福祉及び自然環境との調和と、持続的な利用に貢献できる獣医師として社会で活躍するための、生命を尊ぶ豊かな人間性を育む。
  • 獣医学に関する高度な専門知識・技術及び総合的な判断力を習得する。
  • 国際的なコミュニケーション能力や、国際的視野に立ち、SDGsで掲げられた人と動物の健康保持、環境保全、食料の安定供給に寄与する質の高い実践能力を身につける。
  • 獣医学のみならず、医学、農学、生物学や、動物愛護・福祉など、様々な専門領域にまたがる知識や技能を実地に活用できる。

※参考元:ディプロマポリシー(酪農学園大学)

国試合格率

2023年度の獣医師国家試験の合格率は80.5%です。

キャリア/就職先

主な就職先は、以下のとおりです。

  • 民間動物病院
  • 北海道農業共済組合
  • 株式会社微生物化学研究所
  • 農林水産省
  • 北海道
  • イオンペット株式会社
  • 北海道衛生研究所

酪農学園大学の卒業生は、動物病院など臨床に進むへ人がかなり多いです。

昨年度は進学する人が4人とかなり少なく、ほとんどの人が就職することが分かります。

その就職率は98.2%とかなり高いのが特徴です。

他にも上記の通り、公務員となる人もいますね。

  • 就職して臨床がしたい
  • 進学というよりも就職がしたい

と考えている受験生には、特におすすめの大学といえます。

※参考元:就職企業一覧 就職先の割合(酪農学園大学)
  

〈関連記事〉酪農学園大生はモテる?学生生活について

酪農学園大学獣医学類の偏差値

酪農学園大学獣医学類における偏差値は、以下のとおりです。

57.5

上井先生

私立獣医大学の中では下位に位置していますね。

偏差値だけ見ると、国立獣医大学より少し低くなっています。

科目数の少なさや、定員が多いことなどを考えると、

比較的入りやすい獣医学部だと言えます。

※参考元:酪農学園大学 偏差値(河合塾)

他私立獣医大学との偏差値の比較

  • 日本獣医生命科学大学 獣医学部→62.5~67.5
  • 日本大学 獣医学科→57.5~62.5
  • 麻布大学 獣医学部→57.5~60.0
  • 北里大学 獣医学部→57.5
  • 酪農学園大学 獣医学類→57.5
  • 岡山理科大学 獣医学部→55.0

私立獣医学部の中では二番目に偏差値が低いです。

しかし、獣医学部の倍率はとても高いので、偏差値だけではどこが一番合格しやすいかは分かりません。

実際に過去問を解いてみて受験校を決めましょう。

2024年度酪農学園大学獣医学類の募集要項

選抜制度は下記の通りです。

  • 共通テスト併用型入試
  • 共通テスト利用入試(前期)
  • 学校推薦型選抜
  • 特別選抜

のどれかの受験方式で合格する必要があります。

共通テスト併用型入試

まずは共通テスト併用型入試の概要からまとめます。

項目第1期学力・共通テスト併用型入試
A日程(通常/理科重点)
第2期学力・共通テスト併用型入試
理科重点
募集
人数
65名/12名6名
倍率3.2倍/2.9倍30.5倍
合格者
最低点
(189.3/300 246.2/400)315.6/400
※参考元:2023年度 入学試験結果(酪農学園大学)

第1期学力入学試験・共通テスト併用型入学試験A日程(通常/理科重点)

テスト内容
個別学力
試験
3教科4科目300点満点/400点満点
【理科】「生物基礎・生物」「化学基礎・化学」
    から1科目選択(100/200)
共通テスト【数学】数学「数学Ⅰ・A」「数学Ⅱ・B」(100)
【外国語】英語[リスニングを課す](100[20])
※参考元:2024年度学生募集要項(酪農学園大学)

新課程移行後(2025年度入試)通常のみ

テスト内容
個別学力
試験
3教科4科目(300点満点
【理科】「生物基礎・生物」「化学基礎・化学」
   から1科目選択(100)
共通テスト【数学】数学「数学Ⅰ・A」「数学Ⅱ・B・C」(100)
【外国語】英語[リスニングを課す](100[20])
※参考元:入学者選抜の変更点について(予告)(酪農学園大学)

第2期学力・共通テスト併用型入試 理科重点

テスト内容
個別学力
試験
3教科4科目400点満点
【理科】「生物基礎・生物」「化学基礎・化学」
    から1科目選択(200)
共通テスト【数学】数学「数学Ⅰ・A」「数学Ⅱ・B」(100)
【外国語】英語[リスニングを課す](100[20])
※参考元:2024年度学生募集要項(酪農学園大学)

新課程移行後(2025年度入試)

理科重点についての記述はまだなかったので、今後記載があるかもしれません。

※参考元:入学者選抜の変更点について(予告)(酪農学園大学)

一般選抜では、共通テストの数学・英語の点数と、個別試験の理科の点数の合計で合否判定が出ます。

理科重点では理科の点数が2倍されるので、共通テストで失敗した人や、

記述式の理科が得意という人には向いていますね。

また、A日程の通常と理科重点を併願すると、同じ日に同じ問題を受けて2回合否判定を受けられます

併願することで受験料の割引を受けることもできるので、ぜひ受験を検討してみてください!

必見!!

2025年度入試から、以前まで行われていた一般選抜が復活します

新課程 一般選抜

テスト内容
個別学力
試験
3教科4科目(300点満点
【理科】「生物基礎・生物」「化学基礎・化学」
    から1科目選択(100)
【外国語】英語「英語コミュニケーションI・II・Ⅲ」
       「論理・表現I・II・Ⅲ」(100)
【数学】「数学I・A」「数学II・B・C」(100)
※参考元:入学者選抜の変更点について(予告)(酪農学園大学)

共通テスト利用入試(前期)

項目共通テスト利用入試(前期)
3教科5科目
共通テスト利用入試(前期)
5教科5科目
募集
人数
5名5名
倍率30.8倍16.2倍
合格者
最低点
502.0/600(84%)500.0/600(83%)
※参考元:2023年度 入学試験結果(酪農学園大学)

共通テスト利用入試(前期)3教科5科目

テスト内容
共通テスト3教科5科目600点満点
【数学】数学「数学Ⅰ・A」「数学Ⅱ・B」(200)
【外国語】英語[リスニングを課す](200[40])
【理科】「化学」「生物」「物理」
    から2科目選択(200)
※参考元:2024年度学生募集要項(酪農学園大学)

新課程移行後(2025年度入試)

テスト内容
共通テスト3教科5科目600点満点
【数学】数学「数学Ⅰ・A」「数学Ⅱ・B・C」(200)
【外国語】英語[リスニングを課す](200[40])
【理科】「化学」「生物」「物理」から2科目選択(200)
※参考元:入学者選抜の変更点について(予告)(酪農学園大学)

共通テスト利用入試(前期)5教科5科目

テスト内容
共通テスト5教科5科目600点満点
【国語】国語(近代以降の文章)(100)
【外国語】英語[リスニングを課す](200[40])
【地歴】「世界史A」世界史B」「日本史A」「日本史B」
    「地理A」「地理B」から1科目選択(100)
【数学】数学「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・A」「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・B」
   から1科目選択(100)
【理科】「化学」「生物」「物理」「地学」から1科目選択
   または
  「化学基礎」「生物基礎」「物理基礎」「地学基礎」
   から2科目選択(100)
※参考元:2024年度学生募集要項(酪農学園大学)

新課程移行後(2025年度入試)

テスト内容
共通テスト5教科5科目600点満点
【国語】国語(近代以降の文章)(100)
【外国語】英語[リスニングを課す](200[40])
【地歴・情報】「地理総合、地理探究」「歴史総合、日本史探究」
       「歴史総合、世界史探究」「情報I」
       から1科目選択(100)
【数学】数学「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・A」「数学Ⅱ・B・C」
   から1科目選択(100)
【理科】「化学」「生物」「物理」「地学」から1科目選択
   または
「化学基礎」「生物基礎」「物理基礎」「地学基礎」から2科目選択(100)
※参考元:入学者選抜の変更点について(予告)(酪農学園大学)

倍率、合格者最低点を見てもらえば分かりますが、どちらもかなり高いです。

一般選抜と比べると、合格するのはかなり難しいと思われます。

共通テストにかなり自信がある人が出願されるのが良いかと思います。

学校推薦型選抜

項目指定校推薦一般推薦生産動物医療推薦
募集
人数
10名5名5名
倍率0.8倍7.4倍3.2倍
合格者
最低点
非公開非公開非公開
※参考元:2023年度 入学試験結果(酪農学園大学)
項目動物病院後継者育成推薦農業高校および農業大学校推薦学士等推薦
募集
人数
2名2名2名
倍率6.0倍8.0倍2.8倍
合格者
最低点
非公開非公開非公開
※参考元:2023年度 入学試験結果(酪農学園大学)

指定校推薦

出願条件

出願資格等の詳細は、指定校に直接通知します。

選考内容
  • 調査書
  • 面接
  • 小論文

指定校推薦以外の学校推薦型選抜

入試区分項目出願資格詳しい出願資格
一般推薦学習成績の状況
学校長の推薦書
高校の学科
浪人年数
3.5以上
必要
問わない
1浪まで
伴侶動物獣医師
公務員獣医師
研究者等を志望する者

生産動物医療推薦
学習成績の状況
学校長の推薦書
高校の学科
浪人年数
3.5以上
必要
問わない
1浪まで
生産動物臨床獣医師
を志望する者
動物病院後継者
育成推薦
学習成績の状況
学校長の推薦書
高校の学科
浪人年数
3.5以上
必要+後継者の確認書
問わない
1浪まで
2親等以内の親族が
獣医師であり、その業
を継承し、地域に貢献
しようとする者
農業高校および
農業大学校推薦
学習成績の状況
学校長の推薦書
高校の学科
浪人年数
*1参照
必要
農業
1浪まで
学士等推薦学習成績の状況
学校長の推薦書
高校の学科
浪人年数
*2参照
*3参照
問わない
問わない
※参考元:入学試験要項(酪農学園大学)

*1農業高校は4.0以上、ただし、主要5教科の平均は4.5以上
大学校は、(4段階評価校)GPAに換算して3.0以上、(3段階評価校)GPAに換算して2.4以上

*2(4段階評価校)GPAに換算して2.5以上、、(3段階評価校)GPAに換算して2.0以上

*3学士および短期大学士以上の学位あるいは準学士の称号を有する方の出願の際は、大学長または学部長等、短期大学長
または学科長等、高等専門学校長の推薦書が必要となります。

選考内容
  • 調査書
  • 面接(100)
  • 小論文(100)

調査書は高校時代の活動内容等について面接で加点対象となる場合があります。

新課程移行後(2025年度入試)

学校推薦型選抜では、面接・小論に加えて、基礎学力試験が追加されます

試験科目は以下のとおりです。

  • 数学「数学I・A」(100)
  • 理科「化学基礎」「生物基礎」(100)

ただし、指定校推薦・付属高校からの内部進学推薦は除きます。

酪農学園大学の推薦の詳細な情報については、こちらの記事をご覧ください。

酪農学園大推薦の対策方法

地域獣医療支援特別選抜入学試験

出願資格

次の①~④のすべての条件を満たす者

①高等学校(中等教育学校後期課程を含む)を卒業見込みまたは卒業後1年以内の者

②産業動物獣医師または公務員獣医師の確保を目的とした修学資金貸与事業を制定し
ている機関・団体等の長の推薦を受けた者

③卒業後就業予定先で産業動物獣医師または公務員獣医師として従事することを確約
できる者

④高等学校の全体の学習成績の状況が 4.0 以上の者

選考内容
  • 面接
  • 小論文

※参考元:入学試験要項(酪農学園大学)

特別選抜に関しては、かなり複雑で正しい情報を伝えられない可能性があるので、割愛させていただきます。

※かならず大学HPにて最新の募集要項をご自身でお確かめ下さい。

関連記事

酪農学園大学獣医学類の対策方法
酪農学園大推薦の対策方法
〈関連記事〉酪農学園大生はモテる?学生生活について

まとめ

ここまで酪農学園大学獣医学類について

  • カリキュラム
  • 就職先
  • 国試合格率
  • 入試情報
  • 入試方式

について解説してきました。

本記事が受験生のお役に立てば、幸いです。

現役獣医学生に
\ 受験相談できる

\ 毎月先着10名限定 /

※塾の方針として、無理な勧誘は一切行いません。

セミナーのご案内

うわい塾長

2月より、全国6都市で獣医学部の受験セミナーを開催します!

東京、大阪、名古屋、北海道、仙台、博多の6都市8日程(東京、大阪で2回実施)。

獣医学部受験をお考えの方、保護者さまでしたらどなたでもセミナーに参加していただくことができます。

詳しくはセミナー詳細ページをご覧ください。

セミナー詳細はこちらから(参加費無料/各会場定員40名)


2024受験対策セミナーについて

この記事を書いた人

ベレクト運営事務局

獣医専門オンライン予備校のベレクトです。
本記事が受験生の参考になれば幸いです。