入学希望者必見! 鹿児島大学共同獣医学部の特徴と入試内容とは?

どうもこんにちは、オンライン家庭教師べレクトです!

『鹿児島大学 共同獣医学部』の入学難易度についてご存じですか?


この記事ではこれから『鹿児島大学 共同獣医学部』に入学希望する受験生(主に現役学生)を対象に学部の特徴及び、入学難易度をまとめてみました。


※共同獣医学部は獣医学科のもしかないため、ここでは共同獣医学部=獣医学科とします。

画像2

まず鹿児島大学の簡単な紹介です。昭平成24年4月に鹿児島大学9番目の学部として共同獣医学部が設置されました。山口大学との共同教育を行っています。

高度産業動物獣医学及び動物衛生学の教育と研究に特色を持つ鹿児島大学と、高度伴侶動物獣医学及び公衆衛生学の教育と研究に特色を持つ山口大学の教員による幅広い教育の提供により、世界水準を目指した獣医学教育の充実と多様化する獣医師への要求に対応できる人材の育成を行っています。

そんな鹿児島大学の入学難易度ですが、結論から申し上げますと一般入試の場合、全獣医学部のなかでも下位に位置し、他大学と比べ入学難易度は下がります。

とはいえ、大学入学共通テストを突破するだけでも高い得点率(約8割)求められます。獣医学部を目指す場合はまずは当大学を突破できるだけの学力を目指しましょう。


それではこれより教育カリキュラム、就職実績に触れた後、入試内容について解説します。

参考|鹿児島大学|https://www.kagoshima-u.ac.jp/

LINE無料相談&回答

志望校の相談・強方法の相談・進路の相談などお気軽にご質問下さい。

ベレクトメンターがお答え致します。

教育カリキュラム及びキャリア教育について


獣医学科の教育カリキュラム及びキャリア教育について紹介します。さらに、これらを通じて将来的にどのような就職先に就けるのか具体的に見ていましょう。

教育カリキュラム、方針


国際水準の獣医学教育を体系的に創出・実践するとともに、学際協力により深い知識と高度な技術を備えた専門性の高い獣医師を養成し、幅広い見識と倫理観をもって人間社会の質的向上に貢献できる能力を培い、問題解決能力と自己資質を向上させる能力を涵養することで、地域に根ざすとともに、社会のニーズに対応した人間地球社会を俯瞰できる人材を輩出します。

キャリア教育


技術革新のスピードが速く、産業構造も急激に変化していく今の時代に、長期的なキャリアを築いていくため必要とされる「キャリア形成」。自分の適性を見極めた上で、どんな仕事に就き、どんなキャリアを積んでいきたいのかプランニングし、その実現に必要な知識・能力を身に付けていく持続的なプロセスを意味します。

当大学のキャリア形成支援センターは、入学時から卒業まで、さらに卒業後も含めた多様なキャリア形成を、入学時からのキャリア教育や課外のキャリア・就職支援、さらにインターンシップや個別相談を通してサポートします。

学部卒業後の就職実績について

次に上記の教育によって卒業後、どのような就職先に繋がるのかをみていきましょう。2020年3月卒業者32人のうち26名(約81%)が就職しています。主な就職先は下記のようになりました。

・床獣医師(農業共済組合、JRA、その他の競走馬関係)
・小動物臨床獣医師(動物病院)
・研究(製薬会社、研究所、動物園・水族館) 等


割合としては小動物臨床獣医師、公務員獣医師が多くを占めています。また、就職先の拠点は鹿児島県が一番多く、次に九州地方、関東地方です。

大学卒業後は近隣地域で就職割合が高い一方、関東地方への就職率も高い傾向にあります。近隣地域はもちろん、現在関東在住の受験生であっても住み慣れた地域で就職することが望めそうですね。

参考|Pettie|https://jyui.net/university/kagoshimau/


2021年度共同獣医学部の入試内容について


さてここからは気になる入試内容について紹介いたします。鹿児島大学の共同獣医学部では「一般選抜」、「学校推薦型選抜」、「総合型選抜」、「国際バカロレア選抜」、「私費外国人学部留学生選抜」が受験対象となります。


そのうち通常は「一般選抜」、「学校推薦型選抜」、「総合型選抜」が受験対象となるのではないでしょうか。どれにしてもまずは大学入学共通テストを突破しなければなりません。

一般選抜 倍率2.8倍(前期・後期合わせて)

大学入学共通テスト 前期・後期(1000点)

【必】国 語 「国語」(200点)
【選】数 学 「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・数学A」から1科目選択
 「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・数学B」から1科目選択(200点)
【選】外国語 「英語」「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」から1科目選択 (300点)
【選】地理歴史「世界史B」「日本史B」「地理B」
   公 民 「倫理、政治・経済」から1科目選択(100点)
【選】理 科 「化学」「生物」「物理」から2科目選択(200点)

前期日程(600点)

個別学力検査
【必】英 語 「コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ」「英語表現Ⅰ・Ⅱ」(200点)
【必】数 学 「数学Ⅱ」「数学A」「数学B」(200点)
【選】理 科 「化学基礎・化学」「物理基礎・物理」「生物基礎・生物」から1科目選択(200点)

後期日程(300点)

個別学力検査 「面接」(300点)

学校推薦型選抜 倍率3.0倍

学校推薦型選抜Ⅱ

出願条件

次の各号に該当する者で、志願学部・学科等が指定する大学入学者選抜に係る大学入学共通テストの所定の教科・科目を受験し、高等学校の学業成績・人物が優秀で、更に、高度の学業を修得する熱意と能力を有し、高等学校長が責任をもって推薦できるもの。
1対象となる高等学校の学科に在学し、卒業見込みの者。
2合格した場合は、入学することを確約できる者。

選考内容

「小論文」、「面接」、「大学入学共通テスト試験結果」


※大学入学共通テスト詳細は上記大学入学共通テスト 前期・後期を参照
※個別学力検査詳細「小論文」、「面接」

詳細な配点は非公開でした。

総合型選抜(自己推薦型選抜) 倍率非公開

出願条件:次の各号のいずれかに該当し、かつ、志願する学部・学科等が指定する大学入学共通テストの所定の教科・科目を受験した者です。                 

   1、高等学校又は中等教育学校を卒業した者及び卒業見込みの者。
    2、特別支援学校の高等部又は高等専門学校の3年次を修了した者及び修了見込みの者。
    3、学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、及び次の①から⑥のいずれかに相当する者。


 ①外国において、学校教育における12年の課程を修了した者、修了見込みの者又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。
 ②文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者、及び修了見込みの者。
 ③専修学校の高等課程で、文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者及び修了見込みの者。
 ④文部科学大臣の指定した者。
 ⑤高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者及び合格見込みの者。
 ⑥本学において、個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者。


選考内容

第1次選抜
志願者数が募集人員の5倍を超えた場合、大学入学共通テストの合計得点の結果により実施することがある。

第2次選抜
大学入学共通テスト、講義型試験及び面接に基づいて総合得点により選抜する。なお、調査書及び自己推薦書は、面接評価の基礎資料として活用する。
※大学入学共通テスト詳細は上記「大学入学共通テスト 前期・後期」を参照
※大学入学共通テストの合計得点が配点合計の60%未満の場合、不合格となることがある。また、面接の評価が著しく低い場合、不合格となることがある。

国際バカロレア選抜 倍率非公開


出願条件:次の(1)及び(2)の条件をすべて満たすものとする。
(1)スイス民法典に基づく財団法人である国際バカロレア事務局から 国際バカロレア資格証書を授与される者。
(2)国際バカロレア資格の取得において、次の①及び②に該当する者。
 ①言語A(母語)を日本語によりHigher Level(以下「HL」と略。)又はStandard Level(以下「SL」と略。)で履修し成績評価が4以上の者、又は言語B(外国語)について「日本語」をHLで履修し成績評価が6以上の者あるいはSLで履修し成績評価が7の者。
 ②「数学(HLまたはSL)」と「物理」「化学」「生物」(いずれもHL)から2科目を履修していること。


選考内容:「書類審査」、「面接」

私費外国人学部留学生選抜 倍率非公開


出願条件:外国の国籍を有する者のうち、出入国管理及び難民認定法において大学の入学に支障のない在留資格を有する者又は取得できる見込みの者で、次の1〜4のいずれかに該当し、かつ、独立行政法人日本学生支援機構が実施する日本留学試験の所定の試験教科・科目(日本語350点以上、日本語記述40点以上、理科・数学の各科目点数75%以上)を受験したもの。なお、共同獣医学部の志願者はTOEFL(61点以上)又はTOEIC (600点以上)を併せて受験していること。


1、外国において、学校教育における12年の課程を修了以上継続して在籍した者及び修了見込みの者、又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定したもの。
2、外国の大学入学資格である国際バカロレア資格、アビトゥア資格、バカロレア資格、GCEAレベル資格を有する者。
3、WASC、ACSI、若しくはCISから教育活動等に係る認定を受けた教育施設に置かれる12年の課程を修了した者及び修了見込みの者。
選考内容:「日本留学試験」、「面接」
※日本留学試験詳細 「日本語」「理科」
(物理、化学、生物から2科目選択)「数学(コース2)」

科目としては他大学と同様、ベーシックな内容となっています。一般選抜における倍率が他大学と比べ低いことが特徴です。2次試験の科目も同じくベーシックな内容であるため、私立大学との併願も難しくありません。

参考|パスナビ|https://is.gd/yKdrrt

共同獣医学部の入学偏差値について


共同獣医学部獣医学科における偏差値は下記の通りです。
※ここでは河合塾のデータを参考としています

→62.5~

参考|みんなの大学情報|https://www.minkou.jp/university/school/20756/2235/

他学部(他学科)と比べた場合の偏差値


医学部の偏差値65が大学内最高です。次点で共同獣医学部、続く歯学部は57.5となります。やはり医療系の学部は偏差値が高い傾向にあり、これはどの大学も同様の傾向です。

他大学と比べた場合の大学入学共通テストの得点率


他大学と比べた場合、鹿児島大学の大学入学共通テスト得点率がどれほどの位置にあるか紹介いたします。国公立大学のみを対象とした場合、上位3大学は以下のとおりです。

北海道大学→89%
東京大学 →88%
大阪府立大学 →83%



鹿児島大学→78%

国公立大学獣医学部において最低のラインとなります。おおよそどの大学でも80%以上となりますが、当大学はややそれに届かないといったレベルです。

そのため、この大学を突破できる学力がないようであれば私立大学を含め、進路を見直す必要があります。

なお学力を満たしているようであればさらなる努力次第では他の大学についても選択肢として検討できるかもしれません。上位の大学を除き、国公立の獣医学部については学力レベルはおおよそ近いレベルとなっています。

結論として、当大学を受験する場合、国内の獣医学部を受験するための最低限度の学力が必要となります。どの受験方式にしても他大学と同様の内容、基準です。

そのなかでもとりわけハードルが低い傾向にあります。よって何度も申し上げてきましたが、まず獣医学部を目指す場合この大学が最低ラインとなることを認識する必要があります。

以上、鹿児島大学共同獣医学部における特徴、及び入学難易度についてまとめました。

LINE無料相談&回答

志望校の相談・強方法の相談・進路の相談などお気軽にご質問下さい。

ベレクトメンターがお答え致します。

体験授業を受ける

ベレクトの授業を実際に受講してみませんか?
まずはLINE登録後、下部メニューからお申し込みください。

この記事を書いた人

ベレクト運営事務局