【合格者の声】2024年度推薦入試・麻布大学 獣医学科合格!Nさん

祝!🌸麻布大学獣医学科合格!!

今回は麻布大学獣医学科の推薦入試の合格体験記です。

本人へのインタビュー内容を本記事では記させていただいています。

合格されたNさん(ここでは仮名)本当におめでとうございます。

獣医学科での益々のご活躍お祈りしています!

合格した率直なお気持ち

上井塾長

合格したときの率直なお気持ちをお聞かせください。

Nさん

一般での合格の見込みは少ないと考えていたため、推薦入試で合格を頂き本当に嬉しく思います。

ベレクトを入塾の経緯

ベレクトを知った経緯

上井塾長

そもそもベレクトについてはどこで知りましたか?

Nさん

獣医学科の受験を考えた際に、獣医専門の塾を探していたところ、インスタグラムでベレクトの存在を知りそこから入塾を考えました。

上井塾長

今の時代って感じですね。笑

入塾前後での変化

上井塾長

入塾前の成績や勉強の様子はどうでしたか。

Nさん

勉強があまり好きではなかったので家ではほとんど勉強せず、ずっと偏差値50前後を取り続けていました。

上井塾長

その後ベレクト入塾後は何か変化はありましたか。

Nさん

一日の終わりにベレクトの講師が作成してくださったスケジュールの消化報告があったので、毎日勉強を続ける習慣が身につきました。

具体的には、入塾前は家での勉強は0分でしたが、入塾後は学校から帰宅後4時間ぐらい勉強するようになりました。

初めは特に報告をするために頑張ることができ、軌道に乗ってからはスケジュール以上に頑張ることができました。

麻布大学推薦入試に向けて

学科試験対策

上井塾長

麻布大の推薦入試の受験ではどういったことを意識して勉強していきましたか。

Nさん

麻布推薦の数学1Aと化学基礎を集中的に取り組みました。

本番出題される難易度に合わせて、ミスや知識の取りこぼしなく演習することを心がけて勉強しました。

面接対策

上井塾長

面接対策はどういったことを意識して進めていきましたか。

Nさん

ベレクトに入塾する前は面接で獣医学の知識を含み、どういったことが出題されるのか全く知らない状態でした。

入塾後は過去に獣医入試で実施された質問内容を担当講師と練習を重ねていき、本番は練習通りに力を発揮することができました。

勉強で苦労したこと

上井塾長

推薦対策と一般対策を進めていく上で、苦労したことはありますか。

Nさん

成績状況的にも時間がなかったので、勉強の優先順位をつけることが一番難しかったです。

やるべきことの中でも優先度を明確にして、勉強に取り組みました。

特に私の場合は、化学基礎を優先して取り組みました。

というのも学科試験では化学基礎の配点が一番大きかったので、化学基礎は発展的な内容まで優先して取り組みました。

担当講師へのメッセージ

上井塾長

最後に担当講師にメッセージをお願いします!

Nさん

千野先生・粟国先生

先生方のおかげで合格できたと思っています。

小論文の添削、面接練習など長い時間をかけて丁寧に指導していただき、本当にありがとうございました。

まとめ

以上が麻布大学の推薦入試で合格されたNさんの合格体験記です。

Nさん、改めまして合格本当におめでとうございます🌸

獣医学生生活そして将来獣医師としての益々のご活躍心からお祈りしています。

\ 現役の獣医学生の話で合格に必要な勉強が分かる /

\ 毎月先着10名限定 /

※塾の方針として、無理な勧誘は一切行いません。

セミナーのご案内

うわい塾長

2月より、全国6都市で獣医学部の受験セミナーを開催します!

東京、大阪、名古屋、北海道、仙台、博多の6都市8日程(東京、大阪で2回実施)。

獣医学部受験をお考えの方、保護者さまでしたらどなたでもセミナーに参加していただくことができます。

詳しくはセミナー詳細ページをご覧ください。

セミナー詳細はこちらから(参加費無料/各会場定員40名)


2024受験対策セミナーについて

この記事を書いた人

ベレクトメンターみずき

ベレクトの講師の鹿児島大学の共同獣医学部 富士原みずきです。
ベレクトでは推薦入試対策チームのリーダーを務めています。また、自身が再受験の経験があることを活かした丁寧な指導が得意です。
皆さんに私の記事が参考になればとても嬉しいなと思います。